真っ赤な紙袋に、黄色と青色の水玉模様を散りばめて、黒色で縁取った白色の文字でショップ名を書き込むというデザインを提案した私は、それを採用していただくことができました。これは私が以前、ショップの広告効果を狙ってデザインした派手な紙袋です。私は今、アパレル会社に務めていて、そこの企画部に配属されています。ここでは、洋服や雑貨類の企画はもちろんですが、こういったショップで扱う小物の企画やデザインも任せられているのです。そしてあるとき、ショップの紙袋を新しく変えないかという話になりました。それは、あまりにもシンプルな紙袋のため、他のショップとの見分けがつかないようになっていたからでした。

以前までは、白色をベースとした紙袋に、黒色でショップ名を書き込み、その後ろに赤色のハートマークを1ついれただけの、とてもシンプルなデザインだったのです。そのため、一目見ただけでは、このショップの紙袋であることが、いまいち伝わりにくいものでした。ショップの紙袋というのは、単にお客様に商品を持ち帰ってもらうためだけのものではありません。その商品を購入して帰宅するまでの間、ショップの紙袋は待ち行く人の目に触れるもので、また、自宅に帰って商品を出してからも、そのショップの紙袋を私生活の中で活用されるお客様も多くいらっしゃるのです。そのため、たくさんの人の目に触れるショップの紙袋は、広告の効果も期待できるものでした。

そんな重要な役割をもつ紙袋がシンプルでは、せっかくの広告のチャンスを無駄にしていることと同じなのです。そこで私たちは、派手な紙袋をデザインし、広告効果を見出すことに決めたのでした。だからといって、無茶して派手な紙袋をデザインしても、このショップの良さを伝えることはできません。そのため、このショップに合ったデザインでありながら、派手な紙袋を作る必要があったのでした。そうして企画部みんなで考えていたところ、赤色、黄色、青色という、インパクトのある色を取り入れようという話になりました。そこで私は、土台を派手にするのなら、文字はシンプルが良いだろうと思い、黒色で縁取った白色の文字を提案したのでした。そうしてこのデザインが採用され、派手な紙袋が出来上がったのです。この紙袋に変えてから、ショップのイメージは大分明るくなりました。そして、この派手な紙袋を求めて商品を購入されるお客様もいらっしゃるほどです。派手な紙袋の企画は大成功でした。