紙袋とは、使い終えたあとにリサイクルすることができ、環境にとても良いものだと思います。そんな紙袋で、より高性能なものを見つけたことがあります。それは、バイク用品店でパイクパーツの部品を購入したときのことでした。バイクパーツの部品は、1つ1つがとても小さく、プラスチックの透明な入れ物に入れられて販売されていることが多いのですが、私が見つけたバイクパーツの部品は、機能的な紙袋に入れられていて、とても感心してしまったのです。それはあるとき、バイクのマフラーを買い換えようと思い、バイク用品店に行ったときのことでした。私は、バイクでも大型のものがとても好きで、いつもそれを乗り回して愛用していたのです。そこで、古くなってきたマフラーを買い換えて、心機一転を試みていたのでした。そうして選んで購入すると同時に、それを取り付ける部品も購入しなければなりません。そこで私は、その機能的な紙袋に入れられたバイクパーツの部品を見つけたのです。


その紙袋は、大きさ的にはティッシュペーパーの箱程度のもので、4つの仕切りに分けられていました。そして、表面には中が見えるように透明のフィルムが貼られていて、どの部品が入っているかが一目でわかるようになっていました。何より驚いたのは、部品を使い終えた後に、その紙袋のフィルムを外し、リサイクルできるようになっていたということです。紙袋を裏返してみると、フィルムの剥がし方と、その紙袋のたたみ方が書かれていて、とてもコンパクトにできるようになっていました。


私はこれを見つけたとき、このバイクパーツの部品を購入しようと思ったのです。他のバイクパーツの部品の方が、割り的には安かったものの、このリサイクルできるという点に惹かれてしまったからでした。こうして私は、マフラーと、これを取り付けるための部品を購入することにしました。そして自宅に戻り、さっそくマフラーを取り付けると、その機能的な紙袋は空っぽになりました。私はそこで、書かれた通りにリサイクルすることを試みたのです。フィルムはとても簡単に剥がすことができ、説明通りにたたんでいくと、ティッシュペーパーの箱ほどの大きさだった紙袋は、ポケットティッシュくらいの大きさになりました。こうして私は、自分の好きなバイクを仕上げ、環境に良いリサイクルも行うことができたのです。新しい機能的な紙袋の存在を知り、初めて体験した出来事でした。