皆さんは、紙袋というものに対して注目した事がありますか?例えば、機能的な紙袋の活用法は、どんなものがあるか?と聞かれたら、どの様に回答をしますか?そもそも包装物に対して機能的とか言われても、想像がつきにくいと思います。さらに、活用法と言われると更に分からないですよね(笑)。ただ、その例を挙げられると、ああ、そうだよなと思うはずです。


例えば、デパートやブランド店で貰えるショッピングバック、通称ショッパーと言われるものですが、これらの様な付加価値をつける様なものが、機能性紙袋になり得るものだと思います。このショッパーは、実際に買い物の主役になる主婦やOLにとってみると、単純に持ち運び出来れば良いというものではありません。そのデザインを持つ事によって、ショッピングにおける楽しさや豊かさを育む十分な付加価値となりえるのです。そして、自分は、こんな良いブランドの商品を買っているのだ!というステータスにもなったりします。そして、もし気に入ったものであれば、商品を買った後でも、様々なシーンで紙袋を使って貰える様になり、そのお店に対する、無料の宣伝広告となり、需要の拡大や新規得意様の獲得など、様々な効果が得られる事になるのです。ちなみに、一時期、ショッパーが大流行りした時は、そのショップの紙袋が欲しいというだけで、お店で買い物をしたという、商品より紙袋の価値が上がったものもあった位ですから、ある意味、その効果は絶大と言っても良いでしょう。


さて、機能的紙袋、一つはこういった付加価値的なものですが、それ以外にも、もちろん機能的といえるテクニカルなものがあります。ただ、これは案外意識している人は少ないのではないかな?と思います。というのは、当たり前にみているものだからです。例えば、紙袋といえば、ショッパーや買い物で貰える紙袋、そして、封筒が、我々が使っているものです。しかし、それ以外にも産業用で様々な紙袋が活用されているのです、例えば、米袋や飼料用やセメント用など農業用や工業用に使われている特殊な紙袋があります。こういった紙袋は、当然紙袋の内部に特殊なコーティングがされていたり、ミシン縫いされ強度が上げられていたりします。これらは、機能的な紙袋の活用方法の一端にしかすぎませんが、皆さんが当たり前と思っているものが、あえて言われてみると、思っている以上に、色々な種類があるのだなと分かって頂けると思います。